東海EC株式会社

MENU

M2M・IoT
ソリューション事業

通信やセンシング技術の向上によってますます進化を続けるIoT。
東海ECは電気制御の知識と経験を生かしたIoTソリューションで
様々な分野での業務のスマート化に貢献できるサービスの開発を行います。

FA制御の現場で
鍛えられたノウハウ

弊社は1956年に電気工事業を生業に起業。その翌年には工場設備自動化の開発依頼を​請け、制御盤製作事業を展開。これまで多くのFA現場でノウハウを積み重ねて参りました。そしてこれらの技術を基に、計測監視・遠隔監視装置を開発。再生可能エネルギーの分野で、計測監視とクラウド技術を融合させた「見える化」によるソリューション事業に発展しました。​

M2M技術

通信とクラウドの技術革新により、IoTとして「見える化」のプラットホームは誰でも簡単に手に入る時代となりました。しかし、設備や機器のステータスのデータ化をおこなうには、対象機器(シーケンサーやセンシング機器)からの情報を収集・変換・受け渡しをするインターフェースの構築が必要となります。​これらの領域はM2Mとして、電気制御を知り尽くした者でなければ容易に構築すること​はできません。​

「見える化」の
次のソリューション

M2M⇒IoTソリューションの肝は、機器ステータスのデータ化。​
東海ECは、得意とするインターフェイス構築(I/O・通信プロトコル解析等)技術により、機器のステータスをデータ化。そして最適な通信環境で、データのクラウド化を実現します。さらに、遠隔監視・遠隔制御へも展開が可能です。製造業・農業・サービス業など、M2M⇒IoTソリューションで業務のスマート化へのスモールスタートを支援をいたします。​

ステータスの
データ化
クラウド
DB化/BI化
分析
(遠隔)制御
  • 設備稼働管理
  • 設備予防保全
  • 自動化​・省力化​
○ 再生可能エネルギー分野におけるM2M・IoTソリューション事例
  • ・ 遠隔監視
  • ・ 太陽光発電事業者向けソリューション
製品ラインナップへ