HOME  >  遠隔監視システム  >  遠隔監視システム

環境・新エネルギー事業 遠隔監視システム

@バリューラインナップ

遠隔ブラウジングユニットMill-Sill Monitor

東海ECのミルシルモニターは遠隔地の太陽光発電システムを計測・監視するシステムです。ミルシルモニターがあれば遠く離れたシステムの稼動状況や異常発生を知る事が出来ます。

遠隔監視システム

ミルシルモニターの特徴

  • システムとパワコンの異常をメールでお知らせ
  • PC以外にもiPhone、iPad、各社のスマートフォンからWEB上でシステム全体の稼動状況はもちろん、パワコン別の発電状況の確認もOK!
  • 携帯電話網の利用によりLAN環境不要
  • パワコンは最大5台まで監視可能
  • 接続即使用可能&高い通信セキュリティ確保

ミルシルモニターの設置例

Ⅰ.基本事例:
10kWパワコン5台以下(50kW未満)を直接計測
Ⅱ.応用事例:
5.5kWパワコン9台以下(50kW未満)を5グループに分け計測
10kWパワコン25台以下(〜125kW)を5グループに分け計測
大型パワコン5台以下(〜2MW)500kW×4を直接計測
Ⅲ.応用事例:
発電総量、日射量、DCストリングの組合わせで計5chを使用

ミルシルモニターご使用には、弊社提供の専用ASPサービスへの加入が必要です。
別途月額費用(通信費+ASP使用料)が発生します。