HOME  >  企業情報  >  会社沿革

企業情報会社沿革

昭和31年1月
現在地に創業者、石井 正雄、東海電気瑞穂工事(株)を創業
電気設備工事業を開始
昭和46年1月
社名を東海EC株式会社と変更
昭和56年1月
代表取締役社長 石井 正己 就任
昭和59年4月
EC・テクノ(株)設立
昭和60年1月
小牧営業所を開設
昭和60年4月
テクノセンタービルを開設(現 豊岡工場)
平成3年7月
笠寺技術センターを開設(現 笠寺工場)
平成15年11月
ISO9001:2000(JQA-QMA 10640)認証取得
平成17年4月
環境活動評価プログラム(エコアクション21)認証取得
平成18年9月
「名古屋市認定エコ事業所」として認定を受ける
平成19年8月
環境省主導環境運動「チームマイナス・6%」に参加
平成19年12月
経済産業省新連携認定事業に認定される
建築研究開発コンソーシアム 正会員
平成21年1月
K・ブレースSiBが国土交通大臣の認定を受ける
平成21年8月
LED表示装置リリース
平成22年7月
決算期変更(第56期)
平成22年9月
代表取締役社長 石井 元博 就任
平成22年10月
計測・監視モニタリリース
平成23年3月
TV出力専用I/F部リリース
平成25年2月
遠隔・監視システムミルシルモニターリリース
平成26年3月
遠隔・監視システムミルシルモニターαリリース